薄毛にはAGA以外にも様々な種類があります。プロペシアやミノキシジルは有効な育毛剤ですが、効果がないケースもあるので気をつけましょう。

プロペシアとミノキシジルで簡単薄毛改善

薄毛の種類

薄毛の種類

薄毛に悩まされている人は多く、ドラッグストアなどで育毛剤や育毛シャンプーを目にすることも多いですが、薄毛にも種類があるため自分に合った治療をしなければいけません。まずは自分の薄毛の症状を理解することが必要となります。

AGA

男性の薄毛の中で特に多いのがAGAで男性ホルモンの影響による脱毛です。テストステロンという男性ホルモンがDHTという脱毛の原因となるホルモンに変換されることで抜け毛がおこります。その他にも生活習慣や、ストレス、遺伝要素など様々な原因が関係しています。30代から発症することが多く、生え際と頭頂部が薄くなるのが特徴です。プロペシアミノキシジルなどの医薬品育毛剤を使用して治療することが多いです。

若年性脱毛症

若年性脱毛症

10代20代などの若い世代で見られるのが若年性脱毛症で、AGAと原因や特徴はほとんど同じですが、抜け方が急速である場合、肝機能障害や免疫系疾患、ホルモン疾患などが原因の可能性もあります。

脂漏性脱毛症

頭皮の皮膚分泌が過剰に起こることでフケや老廃物が頭皮や毛穴に詰まり、発毛サイクルを阻害しおこる脱毛症です。細菌が繁殖しやすくなることで頭皮に炎症や湿疹などができて、さらに悪化してしまいます。また皮脂分泌が少なすぎて、頭皮が乾燥することで起こるひこう性脱毛症があり、同様にかゆみやフケによって脱毛の原因となります。どちらも間違ったヘアケアやホルモンバランスの乱れによって起こるとされています。育毛剤を使用するよりも原因となる頭皮トラブルを改善することで症状は治ります。

円形脱毛症

円形脱毛症

性別・年齢問わずに発症する自己免疫疾患による円形型の脱毛です。突発的に発生するのが特徴で、最初は10円玉ほどの大きさでしだいに広がることもあります。外部から身を守るための免疫が、何らかの原因で自分に対して攻撃してしまうとされていますが正確な発症原因は分かっていません。ストレスやアトピーが大きく関係している説が有力です。医学的にも解明されていないため、確実な治療法がなく他の脱毛症と異なり、プロペシアやミノキシジルなどの医療用育毛剤は効果がありません。

このように脱毛の種類によって効く育毛剤とそうでない育毛剤があるため、自分の脱毛の種類をきちんと認識しなければいけません。

プロペシア通販