プロペシアは効果の高い育毛剤である分、服用する際には注意が必要な点があります。

プロペシアとミノキシジルで簡単薄毛改善

プロペシアの注意点

プロペシアの注意点

抜け毛防止効果の高いプロペシアですが、育毛剤とはいえ医薬品であるためいくつか注意点があります。本来はAGAのための治療薬ですので、円形脱毛症や脂漏性脱毛症などには効果がありません。また服用は男性に限り女性の服用は禁止されています。

特に妊娠や授乳をしている女性は注意が必要で成分が体に吸収され胎児や乳児に移行するとホルモン障害を起こす危険があります。成分に接触するだけでも吸収される事があるため、割れた錠剤に触らないようにして下さい。未成年の服用も同様で発育が不十分でないうちのDHTは男性器の生成にも大きく関係しています。そのため小さい子供の誤飲には特に注意が必要です。

プロペシアは継続することで効果が得られます。毎日1回欠かさず飲み、効果が表れるまでに半年以上の継続が必要とされていて、効果を得られた場合でも服用をやめてしまうと効果はなくなり、抜け毛が悪化してしまいます。もし飲み忘れてしまった場合でも2日分を飲まず、1日1錠を必ず守りましょう。

プロペシアの注意点

プロペシアを服用している間は献血を行わないで下さい。(輸血によって妊娠・授乳中の女性の体に入ると危険なため)服用中止から1か月たてば可能です。また前立腺がんの検診の際は必ずプロペシアを服用していることを医師に伝えて下さい。プロペシアの成分は本来前立腺がんの治療などに用いられるため、測定値を大幅に下げてしまいます。

プロペシアの副作用として起こる事があるEDや性欲減退などの性機能障害は服用をやめれば改善される場合とそうでない場合があります。発生率は低いとされていますが、もし症状があらわれて続く場合はすぐに薬の服用をやめるようにして下さい。それに加えて精子の質の低下がみられる場合もあるので、不妊に悩む方や子作りを考えている方は服用しないようにして下さい。また稀に肝機能障害を起こす事があるため、もともと肝臓が弱い方や疾患がある方は服用を控えるようにして下さい。

プロペシア通販