ジェネリックは有効性と安全性は同じで低価格な薬です。プロペシアのジェネリックもあり、通販で4分の1程度の価格で購入できます。

プロペシアとミノキシジルで簡単薄毛改善

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは今まで有効でなおかつ安全であると認められている新薬と同じ有効性と安全性を認められた低価格な薬です。新薬とは最初に開発され、発売された薬で先発薬と呼ばれ、それとは対照的なのがジェネリック医薬品で後から同じ成分を使用して作られているもので後発薬とも呼ばれます。

本来薬を作るのには多額のコストや長い研究期間が必要です。そのため完成した薬を販売しかかった費用を回収しなければ製薬会社はつぶれてしまいます。そこでその販売を独占する権利を特許法で守る事で製薬会社は薬を独占的に販売する事ができます。その特許の期間が切れると別の会社が同じ成分の薬を作る事ができるようになります。もともとある成分なのでコストや研究もあまりかからない事が安さの理由です。このように薬代が安くなる事は薬を購入する立場からすれば嬉しい事ですが、残念な事に日本は海外に比べて普及率が低いのが現状です。

高額

プロペシアは国内でもジェネリックが販売されていますが、保険が適用されないため、結局は高額となってしまいます。しかし海外ではフィンペシアをはじめ、たくさんの種類のジェネリックが販売されているため薬価も安くおよそ4分の1の価格で購入する事が可能です。実際に販売されているジェネリックのほとんどがインド製となっています。

実はインドはジェネリック大国ともいえるほど普及が進んでいます。その理由にインドの特別な特許事情があります。インドは世界で2番目に人口が多く貧困層も少なくありません。そこで政府がみんなが薬を使えるようにと薬の特許を認めない傾向にあります。そのため、ジェネリックが盛んに製造されています。インドには大手の製薬会社が多く、世界中で愛用されているため、安全性は高いといえます。

もし日本に使いたい薬のジェネリック医薬品がない場合やジェネリックでも高価であるという場合は海外のジェネリックに目を向けてみてください。現在は通販で簡単に購入する事ができます。安く購入したい方にはお勧めです。

プロペシア通販