薄毛の原因は遺伝や男性ホルモンが主な原因とされていますが、生活習慣など様々な事が関わっています。

プロペシアとミノキシジルで簡単薄毛改善

薄毛の原因

薄毛の原因

薄毛には様々な原因があると考えられていて諸説あります。一般的に言われる原因はどのようなものがあるのでしょうか?

血液循環不良

頭皮の血流が不足して髪が栄養不足で成長出来なくなってしまい、成長を止めて脱毛が促進してしまいます。いわゆるO型の方に多いようです。

男性ホルモン

遺伝的に男性ホルモンに影響される感受性を持つ方に見られます。男性ホルモンの影響により毛乳頭細胞の分裂が抑えられると言われています。

頭皮緊張

成長によって頭皮が突っぱり、頭蓋骨と頭皮の間の血管を圧迫することによって血流が悪くなり、毛乳頭細胞の活動が低下すると言われています。

加齢

加齢による薄毛

男性更年期で男性ホルモンの分泌量が下がってしまい、薄毛になります。

睡眠不足

成長ホルモンは髪が成長する上でとても大切です。慢性的に寝不足になってしまうと、髪や皮膚、臓器の細胞の生まれかわりにまで悪影響を与えてしまいます。

偏った食生活

高脂肪や野菜不足な食生活では血行を悪くし、髪に栄養が届きにくくなってしまいます。なるべく低脂肪で野菜や海草を摂取するように心がけることが大切です。

ストレスをためる

ストレス

ストレスは活性酸素を発生させてしまいます。この活性酸素は様々な老化現象を加速させ、毛根にもよくありません。自分なりの解消方法を見つけるようにしましょう。

紫外線

紫外線は頭皮によくありません。髪に覆われている状態でも紫外線を浴びてしまいます。ただし帽子をかぶるのも蒸れてしまってよくないので、日傘を利用するか、通気性のよい帽子を利用するようにしましょう。

以上の原因は、複数で組み合わさっている場合も多く、特に生活習慣が原因である場合は簡単に変える事は困難です。長期的な対策としては改善する事で薄毛対策にもなりますが、もっと早く簡単に改善したいという方は、プロペシアミノキシジルなどの育毛剤を利用しましょう。通販で誰にも会わずに安く購入出来るので最近人気になっています。

プロペシア通販